バイオマス発電とRDF事業にチャンス見出す ~エネルギー会社、SKEのチャクラポン社長インタビュー~

バイオマス発電とRDF事業にチャンス見出す ~エネルギー会社、SKEのチャクラポン社長インタビュー~

公開日 2023.07.18

タイ証券取引(SET)上場のサコン・エナジー(SKE)は自動車用天然ガス燃料(NGV)事業で創業後、現在はバイオマス発電やごみ固形燃料(RDF)製造などエネルギー・環境分野で事業の多様化を進めている。欧米や中国主導の世界的な電気自動車(EV)シフトがタイにも押し寄せつつあることに加え、タイ政府が、バイオ・循環型・グリーン(BCG)経済モデルを推進していることも背景だ。同社のチャクラポン・スメートチョティメタ社長 (Jakkraphong Sumethchotimeth)に話を聞いた。
(インタビューは5月18日、聞き手:mediator ガンタトーンCEOとTJRI編集部)
SKEのチャクラポン・スメートチョティメタ社長
SKEのチャクラポン・スメートチョティメタ社長

NGV充填サービス、バイオマス発電所、そしてRDF事業

Q. これまでの会社の歩みと現在の事業は

この記事は有料会員限定です。
続きを読むには有料会員契約へのお申し込みが必要です。

すでに有料会員の方
ログイン

無料会員の方
(※お問い合わせから有料会員に変更希望の旨、ご連絡ください。)
お問い合わせ

会員ではない方
有料会員お申込み

  • Facebook share
  • Twitter(X) share
  • Line share

TJRI編集部

Recommend オススメ記事

Recent 新着記事

Ranking ランキング

TOP