【開催終了】タイ発、アジア最大の製糖企業ミトポン・グループが、バイオベースの製品開発とマーケティング分野で日本企業に向けてビジネス連携の提案を募集!

【開催終了】タイ発、アジア最大の製糖企業ミトポン・グループが、バイオベースの製品開発とマーケティング分野で日本企業に向けてビジネス連携の提案を募集!

ABOUT EVENT

Open Innovation Talk概要紹介

60年以上の歴史を持つアジア最大の製糖企業「ミトポン・グループ」。ミトポン・グループは、中国やラオス、インドネシア、オーストラリアに進出しており、世界第6位の市場規模を誇るサトウキビ生産と製糖事業のリーディング・カンパニー。近年では、タイの国家戦略であるBCG(バイオ・循環型・グリーン)経済モデルの促進にも力を入れており、米国のS&P Global社によるサステナビリティ格付け「S&P Global Sustainability Awards 2021」では食品業界で世界第4位(S&P Global Silver Class)に選ばれました。

ミトポンは、これまでサトウキビ生産と製糖事業を核として、製糖過程で出るバガス(搾りカス)からバイオマス発電、モラセス(廃糖蜜)からバイオエタノールや肥料へと変換させるなどの代替エネルギー事業を手がけ、脱炭素社会に大きく貢献してきました。そしてミトポンがこれから注力していくのが、バイオ技術を活用した原料や製品開発。この新規事業を加速させるために今回は日本企業とのパートナーを募集します!

今回の “Open Innovation Talk” では、「イノベーション」を軸に、ミトポンの今後の事業展開と日本企業とのビジネス連携の機会提供について皆さんと一緒に探っていきたいと思います。

GUEST SPEAKER

Mr. Pravit Prakitsri

Chief Operating Officer, New Business Group, Mitr Phol Group

エネルギー業界で30年以上のキャリアを持つ。特にバイオ燃料事業には16年以上携わり、フレックス燃料車の混合燃料(E85とED95) 、バイオエタノール生産のバイオリファイナリー複合施設の開発、バイオマス発電に関する政策などバイオ燃料とガソールの消費の促進に貢献。また、タイの国家戦略であるBCGのイノベーション関連事業に携わり、BCG経済を促進。現在は、ミトポン・グループの新規事業開発部門のCOOとして手腕を振るっている。

PROGRAM OVERVIEW

【開催終了】タイ発、アジア最大の製糖企業ミトポン・グループが、バイオベースの製品開発とマーケティング分野で日本企業に向けてビジネス連携の提案を募集!

2021年9月2日(木)
タイ時間:15:00 – 16:45 / 日本時間:17:00 – 18:45

参加費:無料
配信:ZOOMを使ったオンラインLIVE配信
言語:日本語 / タイ語の逐次通訳
司会:ガンタトーン・ワンナワス|mediator co., ltd. CEO
主催:Thai – Japanese Investment Research Institute : TJRI(日本企業研究所)

ABOUT COMPANY

この企業について

アジアを代表するサトウキビ生産と製糖事業のリーディング・カンパニー

ミトポンは、65年以上の歴史を誇る、アジア最大の製糖企業で、タイはもとより中国やラオス、インドネシア、オーストラリアにも生産拠点を持つサトウキビ生産と製糖事業のリーディング・カンパニーです。現在は、売り上げの60%以上を製糖事業が占めており、次いでエネルギー事業、木材の代替事業となっています。また、近年はタイの新たな国家戦略であるBCG(バイオ・循環型・グリーン)経済の促進にも力を入れています。今後は持続発展可能な事業を展開していくために、バイオ技術を活用して製品の付加価値を高めていくことを目指しており、特に代替エネルギーへの転換を実現するために研究開発に力を入れています。

COMPANY OUTLINE

企業概要

企業名 Mitr Phol Group
設立年 1956
資本金 4,778百万 THB (*MITR PHOL SUGAR CORP., LTD.)
売上 11,096 百万THB(2020年)*MITR PHOL SUGAR CORP., LTD.
Website https://www.mitrphol.com/home.php
業種 Food & Beverage