「赤」と「黄」の対決構図に変化 ~ピター党首はオバマになれるか~

「赤」と「黄」の対決構図に変化 ~ピター党首はオバマになれるか~

公開日 2023.05.23

14日に行われたタイ下院総選挙は革新系野党の「前進党」が第1党に躍り出るという驚くべき結果だった。取材記者としては基本は経済担当で、タイ政治の直接の取材経験は少ないが、前回総選挙で前進党の前身「新未来党」の躍進、その後のタナトーン党首の議員はく奪と同党解党という経緯を目の当たりにした時は、戦後日本の、一応民主国家で育った筆者は驚くしかなかった。

首相選出には下院議員500人だけでなく、軍政下で任命された親軍派の上院議員250人の合計750人の投票で行われるため、前進党と今回は第2党に甘んじたタクシン元首相派のタイ貢献党という下院では過半数を上回る2党だけでは前進党のピタ党首を首相に選出することはできない。7月に想定されている首相指名まで大どんでん返しの可能性も含め、どのようなストーリーになるのか全く予想できない。それでも、「赤シャツ」と呼ばれるタクシン元首相派と「黄シャツ」の王党派の対決構図だけで説明されてきた近年のタイの政治社会構造は、世代交代とともに着実に変化しつつあることだけは確かだろう。

前進党と新未来党

この記事は有料会員限定です。
続きを読むには有料会員契約へのお申し込みが必要です。

すでに有料会員の方
ログイン

無料会員の方
(※お問い合わせから有料会員に変更希望の旨、ご連絡ください。)
お問い合わせ

会員ではない方
有料会員お申込み

  • Facebook share
  • Twitter share
  • Line share

TJRI Editor-in-Chief

増田 篤

一橋大学卒業後、時事通信社に入社し、証券部配属。徳島支局を経て、英国金融雑誌に転職。時事通信社復職後、商況部、外国経済部などを経て、2005年から4年間シカゴ特派員。その後、デジタル農業誌Agrioを創刊、4年間編集長を務める。2018年3月から21年末まで泰国時事通信社社長兼編集長としてバンコク駐在。TJRIプロジェクトに賛同し、時事通信社退職後、再び渡タイし2022年5月にmediatorに加入。

Recommend オススメ記事

Recent 新着記事

Ranking ランキング

TOP