タイ最大の商業施設開発・運営企業Central Pattana – 募集終了

タイ最大の商業施設開発・運営企業Central Pattana – 募集終了

公開日 2023.03.20

Central Pattana Public Company Limited

セントラル・ワールドなどを運営するタイ最大の商業施設開発・運営企業

大型ショッピングセンターのほか、オフィスビルやホテル、住宅なども手掛けるタイ最大の商業施設の開発・運営会社。不動産の賃貸物件ファンド(CPNCG)および投資信託への出資も行う。借地権付き不動産(CPNREIT)および信託で、本投資法人のプロパティ・マネージメントを行っている。

  1. ショッピングセンターの開発・運営
  2. オフィスビルの開発・運営
  3. 賃貸および分譲住宅の開発・運営

同社ではサステナビリティ目標を掲げ、2050年までにネットゼロを達成し、国連のSDGs目標(特に7-2「再生可能エネルギーを使う方法の割合の増加」、7-3「エネルギー効率性の向上」)達成を目指している。自社が運営する商業施設のエネルギー(電力)使用量を削減し、二酸化炭素排出量を削減したいと考えている。

※2021年のショッピングセンター(テナントを除く自社の施設)の単位面積当たりの平均電力消費量(電力密度)は、107.5kWh / ㎡。CPNはテナントを除く自社使用電力について、単位面積当たりの電力消費量(電力密度)を 2025年までに2015年比20%削減することで、電力効率の向上を目指している。

また、Green&EnergyとHealth&Wellnessに沿って、国際的なグリーンビルディング基準を満たすよう自社のショッピングセンターの建物を設計し、また既存の建物はリノベーションを計画している。循環経済的アプローチや、省エネで環境に優しい建物管理のガイドラインと国際的なグリーンビルディング基準(LEED : Leadership in Energy & Environment Design)に準拠した事業として、EV充電ポイントやリサイクルステーションを追加してクリーンエネルギー使用の促進を支援するなど、ショッピングセンターをスマートビルディングまたはビルディングオートメーション化させていきたい。

世界的に干ばつや水不足が問題となる中、各開発プロジェクトの実施に伴って発生する上下水を管理する必要がある。特にショッピングセンターの運営による環境への影響を軽減するため、雨水の利用や排水の再利用などを進め、2025年までにリサイクル水の利用をショッピングセンターにおける水の使用量の20%に増加させることを目標にしている。これは、国連のSDGsの目標(ターゲット6.3 汚染の減少、有害な化学物質や物質の投棄削減と最小限の排出、未処理の下水の割合半減、およびリサイクルと安全な再利用を世界全体で大幅に増加させることにより、水質を改善する)の達成にも寄与すると考えている。

利用可能なアセット

CPNが管理、運営をしている不動産
・ショッピングセンター38ヶ所(バンコク及び首都圏に15ヶ所、地方に22ヶ所、マレーシアに1ヶ所)
・オフィスビル10ヶ所、ホテル2ヶ所、住宅プロジェクト22ヶ所、コミュニティモール17ヶ所など

主な営業総エネルギー消費量(ショッピングセンター・オフィスビル事業)(2021年現在)

1)電力庁から購入した電力は、HVACシステムと照明システムで使用される696,030MWhであり、総エネルギー消費量の97%を占める。

2)太陽エネルギーから生成された電力の使用は、19,317MWhで、総エネルギー消費量の2.7%。太陽電池は、18のショッピングモールに設置され、総容量は15.8MW。5年以内に38のショッピングモールに太陽電池の設置し、再生可能エネルギー使用を促進する。

3)芝刈り機、バン、バスでのディーゼル燃料の使用とフード・パークイベントがある場合のLPGの合計は、総エネルギー消費量の0.4%である。

解決したい課題・求めるパートナー像

効率的な電気利用などを促進するための下記6つの技術を持つパートナー

1. 建築構造(フレーム)に関する技術
材料の調達または、建物内への熱伝達を軽減し空調システムの冷却量を増やす効果のある建設 / 改築技術

2. 建物に侵入する熱気を軽減する技術
通常の換気システムとキッチン換気システムの両システムにおいて、建物に侵入する空気を減らすために、空気の出入りを調整する技術。

3. 建物内で一番電力を使うHVAC(暖房、換気、空調)システム用の高効率な機械
– 高効率チラーは、地球温暖化係数(GWP)が低く、オゾン層破壊係数(ODP : Ozone Depletion Potential)が0である冷媒を使用すること
– 可変速ドライブ(VSD)を備えた高効率モーターとポンプ
– 高効率冷却塔システム
4. 建物運営における各種稼働システムのエネルギー消費削減のための自動制御技術
– ショッピングセンター内の空気を外気に応じて適切な温度と湿度に設定する自動または半自動のAC制御システム
– 自動照明制御システム
5. 機械設備の使用を常に高効率に保つ保全技術
6. クリーン・再生可能エネルギー利用に関する各種技術

募集期間

2022.11.17〜2023.01.31

予算・投資額

事業規模により適切な予算を組む

タイムライン

・すでに使用できるテクノロジーについては2023年末までに導入
・開発に時間がかかるテクノロジーについては、2年以内に導入

必須条件

・すぐに導入可能なテクノロジーまたはソフトウェアの場合は、成功ポートフォリオか導入実績(Usecase Customer)があることbr>・CPNと共同で開発するテクノロジーまたはソフトウェアについては、MVPまたはPOC実績があること
・CPNと共同マーケティング及び共同R&Dを行うことに積極的であること
・英語でコミュニケーションできること

推奨条件

担当者がタイ国内にいること

対象外の条件

アイディア・コンセプト提案のみで技術を持たない企業

ニーズ01 エネルギー効率化の技術パートナー

・省エネ技術、エネルギー効率化の技術
- ユーザーの快適性を損なうことなく、ショッピングモールで使用する電力消費量の削減
- 炭素排出量の削減またはクリーンエネルギーの使用量を増やす新技術

ニーズ02 グリーンビルディングの技術パートナー

・グリーンビルディング基準を満たすための技術
建材の選択、エネルギー利用、水の使用量の削減、温室効果ガス排出削減などを含む
・既存のショッピングセンターやオフィスビルをグリーンビルディングにリノベーションする技術と設備

ニーズ03 上水および廃水管理の技術パートナー

・ショッピングセンターにおける、空調システム、衛生設備、清掃や植栽の水やりなどで、水の使用量削減または使用効率を高める技術
・ショッピングセンターにおける経済的で安全な雨水収集・水処理技術
・ショッピングセンターにおける経済的で安全な排水リサイクル技術

会社概要

企業名

Central Pattana Public Company Limited

設立

1980年

資本金

2,244百万 THB

売上

30,397百万 THB

業種

Property Development

TOP