[News Pick Up]「モーターエキスポ 2022」、そしてテスラ販売開始

[News Pick Up]「モーターエキスポ 2022」、そしてテスラ販売開始

2022.12.14 News

12月1日から同12日までバンコク郊外のインパクト国際展示場で自動車・二輪車の大規模展示・販売会「第39回タイ国際モーターエキスポ」が開催されたことから、先週は電気自動車(EV)絡みのニュースが相次ぎ、各種メディアで大きな注目を集めた。同エキスポには10カ国から35社の自動車ブランド、8カ国から17社の二輪車ブランドが参加した。

タイの自動車市場でシェアトップのタイ国トヨタ自動車は、11月9日に発売した中型SUVのEV「bZ4X」や、新型の「カローラクロス 1.8 Sport Plus」などを披露。同社のスラサック副社長は30日のプレスデーでの会見で、「今年、タイ国トヨタ自動車は創立60周年を迎え、製品、モビリティサービス、そしてEVを通じて、タイの人々の幸せの創造に貢献することを目指す。未来の予測が難しい時代を迎え、トヨタは多様な選択肢を作ることを選んだ。水素エンジン車aから、HEV、PHEV、BEV、FCEVなどの技術でカーボンニュートラルに向かうとともに、可能な限り代替手段をお客様に提供したい」と訴えた。

トヨタの中型SUVのEV「bZ4X」

ホンダのタイ法人、ホンダオートモービル(タイランド)は、EVのSUVコンセプトカー「Honda SUV e:Prototype」と新型「シビックタイプR」を東南アジアで初めて公開した。同社の高倉記行社長兼最高経営責任者(CEO)は、「過去にタイでフルハイブリッド『e:Honda』のさまざまなHEVモデルを発売した成功から、『e:HEV』が今日のニーズに良く応える技術であることが証明された。本日、私たちは100%EV(BEV)のプロトタイプを展示し、タイ政府のEV普及・生産支援策の一翼を担う意思を表明した」と述べた。

一方、中国の長城汽車(GWM)のタイ現地法人グレートウォール・モーターズ(タイランド)は「ORA」ブランドの最新EV「ORA Grand Cat」や、プレミアムオフロードSUV「TANK 500 HEV」を披露。同社のナロン社長は、「GWMはEVのリーダーになるために前進している。タイでも人気のHAVALやORAブランドのEVの全車種を出展した。タイを完全なEV社会にするための約束し、全力を尽くす」と強調した。

また、今年9月に同社として東南アジア初のEV製造工場をタイに建設すると発表した比亜迪(BYD)は、11月1日から予約受付けを開始したBYDの中型電動SUV「ATTO 3」(アットスリー)などを展示。同社のタイ正規販売代理店「レヴェ・オートモーティブ」のプラターンウォンCEOは、「ATTO 3は5000台以上予約され、全国のお客様から反響をいただいた。BYDに来年1月にさらに5000台の追加枠をお願いした」と述べた。

BYDの中型電動SUV「ATTO 3」

9年前に中国勢としては初めてタイ市場に参入した中国・上海汽車グループの英「MG」ブランド車を販売するMGセールス(タイランド)は、新型EV「MG4エレクトリック」を披露。同社のポンサック副社長は、「新型『MG4』の発売は、新たなスタンダードを確立するものだ。タイのEV市場は世界のEV市場に追いつくことができるだろう」との見通しを示した。MGエレクトリックは11月15日に予約販売を開始、わずか8時間で1598台の予約が入ったという。

同エキスポでは12月12日までの四輪車の販売予約台数は合計で3万6679台。メーカー別ではトップがトヨタで6064台、2位はホンダで3252台、3位にはBYDで2714台と急浮上した。以下、4位いすゞ(2648台)、5位日産(2478台)、6位スズキ(2464台)、7位MG(2443台)、8位マツダ(2295台)、9位GWM(1995台)と中国勢の躍進が目立った。

米電気自動車大手テスラは7日、バンコク中心部の大型ショッピングモール「サイアム・パラゴン」で、セダンの「モデル3」とSUVの「モデルY」のEV2車種のタイ国内予約販売を開始したと発表した。販売価格はそれぞれ176万~231万バーツと196万~231万バーツだ。開催中のモーターエキスポで中国メーカーのEV攻勢が目覚ましい中で、タイでも一段とEVに注目が集まっている。8日付バンコク・ポスト紙(ビジネス3面)によると、タイ投資委員会(BOI)のナリット長官はテスラの発表会で、タイ政府が次世代自動車を促進する明確な政策を発表していることから、テスラはEV投資プロジェクトに関心を持つ可能性があると指摘。東南アジアでのテスラ販売開始はシンガポールに次ぐ2番目であり、「テスラのタイでの販売開始は国内EV市場を押し上げることができ、良い兆候になると信じている」と訴えた。

RELATED NEWS

関連記事

UPCOMING TALK

今後のOpen Innovation Talk

タイ企業をゲストに招き、タイ企業の戦略や協業ニーズを日本語で発信するオンライン説明会。
説明会後には、タイ企業の協業ニーズにご提案いただけます。