[Event] SCGが最新ソリューションを披露

[Event] SCGが最新ソリューションを披露

2023.01.17 Events

タイの素材最大手サイアム・セメント(SCG)は昨年12月13~16日、バンコク市内バンスーにある本社内で同社が消費者に提供できる最新のソリューションを説明、披露する展示会、「SCG:The Next Chapter Exposi-tion」を開催した。そこでは「エネルギー転換」や「健康・医療」などが主なテーマとなり、将来の東南アジア諸国連合(ASEAN)や世界市場のニーズにも対応、投資予算は5年間で1000億バーツを想定している。

 

予測不可能な事態への適応目指す

SCGのルンロート社長兼最高経営責任者(CEO)はこの展示会の狙いについて、「世界は急速に変化している。マスクの着用、在宅勤務に適した住環境の整備、ネットショッピングなど、私たちは予測不可能な事態に直面し、それに適応していかなければならない。また、労働力不足やエネルギー価格の高騰により、ビジネス分野ではデジタル技術やクリーンエネルギーを導入し、コスト削減や生産性の向上を図るとともに、次世代に資源を引き継ぐための社会的責任や環境スチュワードシップを遂行している。当社は、将来に向けて革新的なソリューションを開発し、顧客が手頃な価格で、安全に、便利に、そして環境に配慮して生活できる分野で、新たなニーズに応えていくことを目指している」と説明した。

SCGのルンロート社長兼最高経営責任者(CEO)

その上で、同社長は主な対象分野について、①エネルギー転換ソリューション ②健康・医療ソリューション ③デジタルロジスティクス ④グリーンソリューション ⑤スマートリビングソリューション ⑥人工知能ソリューション-の6つを挙げた。

そして、「SCGが開発するすべてのソリューションが、人々の安価で安全、そして便利な暮らしに役立つと固く信じている。『ESG4プラス』の実践に基づき、次世代に資源を引き継いでいくと同時に、変化し続ける世界のあらゆる状況に対応できるよう、新たなソリューションの研究開発にも力を注いでいく」と締めくくった。

 

エネルギー転換、健康・医療分野など

SCGが打ち出した6分野のソリューションの具体例は以下の通り。

①エネルギー転換ソリューションでは、誰でも簡単に手頃な価格で、環境にやさしいクリーンエネルギーを利用することができる。太陽光発電などのクリーンエネルギー事業では、発電能力を現在の195メガワット(MW)から、5年以内に3000MWまで増やすのが目標。

また、電池イノベーション(熱電池)、高品質なバイオマスエネルギー開発(バイオマス、バイオコール)、ネットゼロに向けてセメント工場で代替燃料として使用する廃棄物由来燃料(RDF)、木質ペレットに注目する。電気自動車(EV)ソリューション・プラットフォームでは、保険、メンテナンス、充電ステーションのレンタルサービスを提供する。2022年までに492台のEVを引き渡し、温室効果ガス排出を6400トン削減する。2023年の温室効果ガス排出削減目標は9600トン。

②健康・医療ソリューションでは、健康トレンドと高齢化社会に対応する。食品包装材などを製造・販売するSCGパッケージング(SCGP)がスペインのDeltalab社の株式を取得後、1万5000アイテム以上の医療用品・実験器具市場で事業を拡大する。SCGケミカル (SCGC) のポリプロピレン(PP)、塩化ビニル(PVC)の医療機器向けプラスチック・レジンの製造。

③デジタルロジスティクスでは、ASEANと中国にまたがるネットワークでありASEAN最大の総合物流・サプライチェーンサービスプロバイダーをSCGJWDが運営する。陸上・船舶・鉄道・航空で、あらゆる産業への物流サービスを提供するとともに、ワクチン、医薬品、高価な美術品、自動車、冷凍食品、危険物など、特別なケアが必要な商品への対応も行っている。

④グリーンソリューションでは、資源の消費を抑え、消費者に環境にやさしい製品やサービスの利用を促す。現在、232の製品に「SCGグリーンチョイス」ラベルが貼られている。また、統合建設技術、環境に配慮したプラスチックのイノベーション、ブラジルのバイオプラスチックのグローバルリーダーであるブラスケム社と協力協定を締結し、タイでもバイオプラスチック工場への投資可能性を検討する。

⑤スマートリビングソリューションでは、スマート技術を使った便利で、快適、健康な生活を提供する。スマートビル、スマートホームソリューション(一戸建て/マンション)向けにクリーンな空気とエネルギー効率を実現するソリューションだ。

⑥人工知能ソリューションでは、生産工程にデジタル技術を活用することで、コストや時間、人手不足を解消し、生産性を向上させる。

RELATED NEWS

関連記事

UPCOMING TALK

今後のOpen Innovation Talk

タイ企業をゲストに招き、タイ企業の戦略や協業ニーズを日本語で発信するオンライン説明会。
説明会後には、タイ企業の協業ニーズにご提案いただけます。