大麻栽培、植物工場内で厳重に品質管理 〜 サイアムレイワ社長インタビュー

大麻栽培、植物工場内で厳重に品質管理 〜 サイアムレイワ社長インタビュー

公開日 2022.07.19

タイでは6月9日の大麻(カンナビス、ヘンプ)の栽培自由化以後、その是非をめぐり侃々諤々の議論が続いている。すでにこのTJRIニューズレターの6月21日号でも紹介したように、2019年2月に医療目的の大麻使用の合法化後、化粧品や飲料など産業用での利用も可能となり、娯楽、消費財、不動産、エネルギー会社などさまざまな業種の企業が続々と大麻ビジネスに乗り出している。日本企業としては東南アジアで初の大麻栽培許可や種子輸入ライセンスを取得し、2022年2月から大麻の栽培を始めたのがサイアムレイワだ。同社の藤代浩司社長に参入の背景、ビジネスの見通しなどについてインタビューした。
(聞き手:TJRI編集長 増田篤)

ブリラム県に植物工場を開設

Q. 大麻ビジネス参入の動機と経緯は

私は父が日本人、母がタイ人のハーフとしてタイで生まれ、高校(アメリカンスクール)までタイで生活していたが、日本での就業後、カナダのトロント大学に留学した。その時、医療用大麻の解禁を求めるデモを毎週のように目の当たりにした。この動きはいずれ日本やタイにも来ると思ったが、タイの方がチャンスがあると考えタイに戻り、2020年7月にタイ東北部ブリラム県クームアン市にサイアムレイワを設立した。

この記事は有料会員限定です。
続きを読むには有料会員契約へのお申し込みが必要です。

すでに有料会員の方
ログイン

無料会員の方
(※お問い合わせから有料会員に変更希望の旨、ご連絡ください。)
お問い合わせ

会員ではない方
有料会員お申込み

  • Facebook share
  • Twitter(X) share
  • Line share

TJRI編集部

Recommend オススメ記事

Recent 新着記事

Ranking ランキング

TOP