東南アジアのEV市場の見通しは ~ブルームバーグNEFリポートより~

東南アジアのEV市場の見通しは ~ブルームバーグNEFリポートより~

公開日 2023.08.02

7月11日付バンコク・ポスト紙はビジネス8面で、「中国の電気自動車(EV)はタイの自動車市場を狙っている」というロイター通信の記事を転載している。この記事は長年、日産自動車と提携してタイの自動車産業の発展の担い手となり、タイ有数の財閥企業となったサイアム・モーターズが現在、EV市場をにらみ複数の中国の自動車メーカーと交渉しているという内容だった。

中国のEV関連企業のタイ進出自体は最近ではごく日常的なニュースでしかないが、日本企業に最も近いと思われていたタイ財閥の一角であるサイアム・モーターズもいよいよ中国EVメーカーに傾斜しつつあると国際通信社が伝えたインパクトは大きかった。そして今号で報告したエナジー・アブソリュートの工場見学はタイでも始まっているEVとバッテリー製造現場を見ることができたという意味で非常に印象深いものがあった。

東南アジアのEV乗用車は3倍増

この記事は有料会員限定です。
続きを読むには有料会員契約へのお申し込みが必要です。

すでに有料会員の方
ログイン

無料会員の方
(※お問い合わせから有料会員に変更希望の旨、ご連絡ください。)
お問い合わせ

会員ではない方
有料会員お申込み

  • Facebook share
  • Twitter(X) share
  • Line share

TJRI Editor-in-Chief

増田 篤

一橋大学卒業後、時事通信社に入社し、証券部配属。徳島支局を経て、英国金融雑誌に転職。時事通信社復職後、商況部、外国経済部などを経て、2005年から4年間シカゴ特派員。その後、デジタル農業誌Agrioを創刊、4年間編集長を務める。2018年3月から21年末まで泰国時事通信社社長兼編集長としてバンコク駐在。TJRIプロジェクトに賛同し、時事通信社退職後、再び渡タイし2022年5月にmediatorに加入。

Recommend オススメ記事

Recent 新着記事

Ranking ランキング

TOP